物を買い、ものを書く。

気になったものを買って、それらをレビューします。

フレンチプレスって?入れ方とオススメのプレス機

f:id:yukiyamad4:20170627150845j:plain

コーヒーライフ堪能してますでしょうか。

最近はオシャレなカフェが増えてきて出かける理由の一つに「オシャレなカフェにいく」ということがある人も多いかと思います。 僕もそのうちの一人で、美味しいコーヒーを飲み雰囲気を楽しむためにお出かけしたりします。 で、よく行ってるカフェではフレンチプレスと言われる方式でコーヒーを抽出しており、これがまたうまい

フレンチプレス方式で抽出したコーヒーとそうでないものではだいぶ風味が違います。

今日はそのフレンチプレスのコーヒーはどういった特性があって、家で味わうにはどうすればいいかを紹介したいと思います。

フレンチプレスとは?

まずはフレンチプレスの特性から。

フレンチプレスは豆本来の味わいを楽しむことのできる抽出方法です。

手順が非常に簡単で粉を入れてお湯を二回に分けて専用の機械でプレスするだけ。作業に人の技術的な部分のムラが発生しにくく手軽です。

一方で、豆本来の味が出るため豆の吟味をしっかりすることのできる人、またこだわりのある人向けの抽出方法です。

味の特徴

フレンチプレスの最大の特徴といえばプレスによって抽出される豆の油分です。これがコーヒー全体をまろやかにしてくれます。

このコーヒーオイルこそが風味、香りを残します。コクや甘みをしっかり味わうことができるとともに豆のダイレクトな味わいを楽しむことができます。

一方で、良質でない豆をプレスしてしまった場合、不純物エグミなどもそのまま出てしまうため注意が必要です。

一般的な入れ方であるドリップだと紙がコーヒーオイルを通さないため、深みや豆感も通しませんがその代りこういった欠点も通さないためどんな豆でも安定した味を出すことができるのに対してフレンチプレスはそういうわけにはいかないというわけです。

私はこの豆感が忘れられなくて、フレンチプレスでのコーヒーの飲めるカフェばかり行っていました。 この豆感は逆にデメリットにもなります。このオイルっぽさが逆に苦手だと感じる場合もあるのです。 個人的にはこのオイルっぽさが冷えたコーヒーを美味しく感じさせてくれる気がします。

スペシャルティコーヒーという考え方

現在のフレンチプレスを語る上で外せない考え方の一つにスペシャルティコーヒーという考え方があります。

それまでコーヒー豆の名前や銘柄で評価してきた考え方に対して「待った」をかけたのがこのスペシャルティコーヒーという考え方です。

それぞれの協会がカッピングをしてコーヒーの風味や香りなどを評価し、それらに点数をつけ「いいものにはいい値段を」という風に考えています。で、評価のいいものにはスペシャルティのマークを付けて売るわけです。それらはつまり豆の風味がダイレクトに出るフレンチプレスと非常に相性のいいものだと言えるでしょう。

入れ方

超簡単です。

  • コーヒーの粉をプレス機に入れます
  • 熱湯を半分まで30秒こちらはドリップと違い高温で。
  • その後全部入れ、最初の30秒を含めて4分
  • 4分経ったら棒をおろします。

これだけ!!!

何が必要?

  • フレンチプレス機
  • ミル

この2つ。ミルがなくてもいいのですが、フレンチプレスでやる場合は自分で豆を挽いたほうが美味しくいただけると思います。先ほどから言っているようにフレンチプレスでは<strong?豆の鮮度が命です。

美味しく入れるにはもう少しずつこだわりが必要ですが、とりあえず楽しみたい方はまず問題ないでしょう。

プレス機何買えばいい?

メーカーとしてみると有名どころは2つ。

それ以外にもあるかな?とAmazonの売り上げ上位を見てみましたが、見事のこの2大メーカーのどちらかでしたね。 つまりどちらかのものを買っておけば間違いないかと。プレス機の推す部分の金網の粗さが違います。大体HARIOのほうが細かい。

あと種類に分けるとすれば素材です。

  • ガラス
  • ステンレス

の二つに分けられるかと思います。 ガラスステンレスによって味が変わることはありません。デザイン、あとは落としてしまっても割れない、など付加価値的な部分で判断してもらって構いません。

ラストに容量です。

  • 300~350ml(一杯から二杯)
  • 600ml
  • 700ml
  • 1L

のどれかだと思います。あまりたくさんの量を一気にほしいのであればフレンチプレスはあまり向いてないですね。

では値段によってプレスの味が変わってくるかというところですが、あまり変わらないかと思います。 ではどのプレス機でも同じ味かというとそれはNoです。上でも言った通り金網の粗さが変わってきます。そこは好み的なところにもなってくるでしょうので、まずはデザインで決めちゃいましょう。

代表的なものを何個か紹介します。

ハリオール ブライト N コーヒー & ティー フレンチ プレス

一般的なフレンチプレス機でよく行ってたカフェに置いてあったのはこれでした。 ガラスと金属のみの無機質なデザインです。 値段が非常に安く1700円前後。使わなくなっても最悪棚に置いてあったら絵になるよねという商品。 300mlと完全にマグカップ一杯分なので一人で飲む場合にオススメです。

BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー

【正規品】 BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 0.5L 10683-01J

【正規品】 BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 0.5L 10683-01J

こちらは - 350ml - 500ml - 1.0l とバリエーションがあるものになります。変におしゃれすぎない感じで部屋になじむかと思います。 様々なサイズが欲しいうえに統一感も欲しければこちらを選んでください。 また1Lのモデルの中ではわりと安価です。

ステンレス製も悪くないですよ

落としても割れませんし、保温してくれます。 ただ、ガラスと違って中身は見えません。当然ですが。笑

ちょっと高いですが、デザインもグッドですし、ステンレスですので腐食が遅く長ーく使えると思います。 1Lにしてもそんなに値段が変わらないので多く入れたい人はこちらをご検討してみてください。

こちらもステンレス。少し安価なものになります。

以上です。ぜひフレンチプレスデビューしてみてください!!